札幌・北海道の水族館

札幌・北海道の水族館を12件掲載。熱帯魚から深海魚までの飼育動物、イルカやアシカが登場するショー、営業時間などの水族館情報。

札幌・北海道の水族館はこちら!

  • ノシャップ寒流水族館

    「ノシャップ寒流水族館」はサハリンを展望できるノシャップ岬に位置する、北の冷たい海でたくましく生きる魚やアザラシたちを間近に見ることができる水族館だ。また、北方系の生き物を中心に120種約1,300点を飼育展示しており、水量90トンの回遊水槽は「まぼろしの魚」イトウをはじめ、ソイ、カレイ、ホッケ、オオカミウオなどの魚群がさまざまな生態をみせながら泳ぎ回っている。

    ノシャップ寒流水族館

    北海道稚内市ノシャップ2丁目
    地図

    詳細情報

  • サンピアザ水族館

    個性豊かな魚類を集め、水槽には近海の海水を使用している。子どもたちに大人気のゴマフアザラシやイワトビペンギン、コツメカワウソも愛嬌たっぷり。 回遊水槽では約2,000匹の魚たちが泳ぎ、日曜・祝日にはマリンガールの餌付けショーが人気を集めている。

    サンピアザ水族館

    北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7−5
    地図

    詳細情報

  • 美深チョウザメ館

    森林公園びふかアイランド内にある「美深チョウザメ館」。生きた化石とも呼ばれるチョウザメを観察できるユニークな施設。オオチョウザメ、シベリアチョウザメなど6種約1,200匹のチョウザメが飼育されている。

    美深チョウザメ館

    北海道中川郡美深町字紋穂内 森林公園びふかアイランド内
    地図

    詳細情報

  • 豊平川さけ科学館

    北海道札幌市に位置する「豊平川さけ科学館」。ここではその名の通り産卵をはじめとするさけの生態について学ぶことができる。また、そのほかにも札幌市内に生息する魚やカエル、ザリガニなども展示・飼育している。

    豊平川さけ科学館

    北海道札幌市南区真駒内公園2−1
    地図

    詳細情報

  • おたる水族館

    おたる水族館

    自然豊な国定公園内にあり、北の海や川、湖の生きものを中心に250種3,000点以上を展示。2つの展示水槽を空中の橋で結び、360度生態観察が出来る「コツメカワウソ」水槽などの工夫を凝らした展示が楽しめる。コミカルな演技が愛らしいオタリア、セイウチのパフォーマンスも見逃せない!

    おたる水族館

    北海道小樽市祝津3-303
    地図

    詳細情報

  • 山の水族館

    山の水族館 Photo by onneyu-aq.com

    山の水族館では自然に近い環境を形づくっているため、魚の魚本来の行動を見ることができる。また、淡水魚を集めた淡水魚の水族館でもあり、豊富な地下水で育った北海道ならではの巨大天然イトウが群れを成して泳いでいるところも見ることができ、なかなか貴重。

    山の水族館

    北海道北見市留辺蘂町松山4−4
    地図

    詳細情報

  • 氷海展望塔 オホーツクタワー アクアゲイト

    窓のすぐ外はオホーツク海で、普段は見ることができない自然の様子が見ることができる。水槽ではクリオネ・フウセンウオなど、オホーツク海で見られる魚を中心に展示している。

    詳細情報

  • 標津サーモン科学館

    標津サーモン科学館はその名の通り「サケ」の水族館。世界に生息しているサケの仲間18種30種類以上を展示しており、サケ科魚類展示数は国内で一番多い。サケの誕生から産卵までサケの生涯を観察するなら是非。

    標津サーモン科学館

    北海道標津郡標津町北一条西6-1−1-1
    地図

    詳細情報

  • 登別マリンパークニクス

    北海道登別市に位置する水族館。「北欧ロマンと海洋ファンタジー」をテーマに掲げている。 中央にある4階建ての巨大な魚類展示館「ニクス城」を中心に、周りにも北欧風の建物が並んでおり、お土産屋やイルカ・アシカ・ペンギンショーなどを行っている。

    登別マリンパークニクス

    北海道登別市登別東町1-22
    地図

    詳細情報

  • 千歳サケのふるさと館

    北海道千歳市に位置する「千歳サケのふるさと館」。サケの成長過程とともに四季折々に変化する展示や、千歳川の生き物たちを自然のままに見ることができる水中観察室があり、サケの遡上期以外にも魅力がいっぱい。

    千歳サケのふるさと館

    北海道千歳市花園2-312
    地図

    詳細情報

12件中 1 - 10件目